宇宙物理学
担当教員:柴田 晋平 (Shinpei Shibata)
所属専攻:物理学専攻
開講学年:大学院前期2年  開講学期:後期、  単位数:2単位、   開講形態:講義


【授業概要】 プラズマ物理、電磁流体力学の基礎を解説。 さらに、その応用として宇宙の中での電磁気力の効果を研究。 x線やγ線を放射する天体、宇宙船など高エネルギー粒子を生成する天体の基礎理論。

【授業計画】



【学習の方法】
資料をもとに講義・輪講形式で学習する。 必要に応じて、英語のテキストや論文を読みながら 理解を深める。

【テキスト】
資料プリント (pdf)
※未完成で誤植もまだあるようなのでそのつもりで利用してください。
※プレビューして必要部分だけ印刷するようにしましょう。



【参考書】
随時紹介。
Plasma Astrophysics, by J.G.Kirk, D.B.Melrose, E.R. Priest, Sprinter-Verlag
Basic Principles of Plasma Physics, by S. Ichimaru, W.A.Benjamin, Inc.
プラズマ物理学 by フェン・カンペン、フェルダーホフ、西田稔訳、紀伊之國屋書店
プラズマ物理の基礎 by Nicholson 小笠原正忠、加藤ともかず訳、丸善

【成績評価基準】
日常の質疑応答・調査研究への参加度、および、発表面接により評価。

【その他】
具体的な天体や放射過程については郡司先生の授業が 参考になるのでぜひ併せて聴講されたい。