S. Shibata

	  自己紹介です。

しばた しんぺい
柴田  晋平        (教授)     理学博士 1954年生


宇宙には不思議なことがいっぱいあります。 地球上で起きていることを研究するのではなくて、 「宇宙に探検にでよう!きっと新しい何かが見つかるに違いない!」 と思ったのが天文学者です。 わたしもそんな天文学者のひとりです。 宇宙にある電気や磁気がひきおこす不思議な現象を調べています。

宇宙に見られる不思議な現象の中に、エネルギーが非常に高い粒子(つぶつぶ: エックス線光子とかガンマ線光子とか宇宙線とか呼ばれるものです) が星からやってくるということがあります。 そんな現象について研究しています。

数学的な計算をすることもありますが、コンピュータを使った計算もします。 望遠鏡を用いた観察も大好きです。


右の図はパルサーの想像図です。 パルサーは、1秒より短い周期ですごい早さで自転し、 太陽黒点の磁場よりも10億倍の磁場を持っています。 このためパルサーは1兆ボルト以上の電圧の電気を作り出します。 この電圧で高エネルギー粒子を加速し、X線やガンマ線を 放射します。一つのパルサーが1秒間に作り出す電力は 地球上の全発電量の1兆年分に相当します。 このようなパルサーの活動のメカニズムの研究では 私達の研究室は世界のトップを走っています。

宇宙に興味のあるひとは、宇宙大好きの仲間があつまっている 「小さな天文学者の会」 にお入りください。 星を見たり、勉強したり、楽しい活動ができます。



しばたのホームページへ
山形大学宇宙物理グループのホームページへ
小さな天文学者の会のホームページへ