柴田 晋平 (S. Shibata) のプロフィール

S. Shibata


山形大学・理学部 (物理学科数理物理学大講座)

柴田 晋平 (教授) 理学博士 1954年生
Shinpie SHIBATA

【経歴】
1954年(昭和29年)    兵庫県生まれ
1973年(昭和48年)    東北大学理学部入学
1977年(昭和52年)    東北大学理学研究科博士課程天文学専攻入学
1983年(昭和58年)    同大学にて理学博士の学位取得
1985年(昭和60年)    東北学院大学非常勤講師
1986年(昭和61年)    国立群馬工業高等専門学校助手
1986年(昭和62年)    理化学研究所嘱託研究員(兼任)
1986年(昭和62年)    国立群馬工業高等専門学校講師
1986年(昭和62年)    山形大学理学部助手
1995年(平成 7年)    山形大学理学部助教授
2002年(平成14年)    山形大学理学部教授
現在に至る

【所属学会】
国際天文学連合(IAU)、日本天文学会、物理教育学会、応用物理教育学会、天文教育普及研究会

【専門分野】
宇宙物理学、高エネルギー天文学

【研究内容】
宇宙における高エネルギー現象・電磁現象、宇宙プラズマ物理学
宇宙物理学の教育法・教材の開発

【教育・研究活動の概要】
専門教育では、物理学と現代天文学の基礎を講義している。教養教育で
は、物理を専攻しない学生を対象に宇宙を題材にして自然法則を肌で感じ
ながら身に付けることを目的とした授業を展開している。その他の教育活
動については社会活動の項を参照されたい。

研究活動: 宇宙物理の中でも宇宙の電磁現象を扱う全国でも数すくない研
究室のひとつである。星の磁気圏(特に、パルサー磁気圏)での高エネルギ
ー粒子加速、エネルギーの開放機構を研究している。この分野では国際会
議で総括講演を依頼されることが多く、世界のトップクラスの理論を展開
していると言える。X線望遠鏡を用いた観測的研究も行なっている。
銀河や銀河団における磁場の発生、宇宙線の加速も研究対象である。

【学会・社会活動の概要】
日本天文学会理事(1997年4月-1999年3月)
天文教育普及研究会東北支部長(1998年7月-2000年6月)
天文学会天文教材小委員会委員(2001.1-2002.12,委員長 2003.1-2004.12)
日本天文学会教育委員会委員(2009.1.1-2011.12.31)
ほか
「NPO法人 小さな天文学者の会」理事長。一般市民対象の体験型学習会を実施し、
地域の科学教育・普及に努めている。
星空案内人 ® (星のソムリエ ® )を創設し市民が宇宙を見て、感じで、
楽しむ文化の形成に努めている。

NHK山形(山形の自然[木曜18:20])にて月に1回星空の楽しみを紹介(2003-2006年度)。
山形新聞夕刊「星空案内」を連載(週一回; 2007年6月-)

【受賞等】
(1) NWO visitor's fellowship, Netherland (1997 April 2-May 31)
(2) NHK東北ふるさと賞を受賞(2005.3)。
(3) 平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(理解増進部門)(2010.4.5)
「星のソムリエ®資格認定制度創設と全国普及による理解
(4) 平成25年度 山形大学、優秀教育者賞(2015.12.24)

【主な著書・論文】
( 最近の論文のリストはこちらのページをごらんください。) 

B1. リチャード・ウォルフソン著、柴田晋平・滝沢元和・坂井伸之 訳
    「アインシュタインは朝飯前  −タイムトラベル夢飛行 」 2004.12 愛智出版(ISBN: 4872563077)
B2  日本天文学会騙 (柴田晋平ほか8名)
    光る星座早見、 2004.7.15 三省堂 ISBN 4-385-20067-X
B3 パリティ編集委員会編 (福江 純 責任編集、柴田晋平(執筆分担9章))
    「宇宙旅行ガイド ---140億年の旅---」2005.12.25 丸善株式会社、ISBN 4-621-07618-3 C0044
B4 柴田晋平 著
     「宇宙の灯台 パルサー」 2006.4.10 恒星社厚生閣(ISBN 4-7699-1031-2 C30044)
B5 柴田晋平, 稲村陽子, 大野寛, 佐藤和也, 須貝秀夫,  鈴木静兒, 玉虫良明, 服部完治著
     「星空案内人になろう! 〜夜空が教室。やさしい天文学入門」
      2007.10.25 技術評論社(ISBN:978-4-7741-3197-9)
B6 松田卓也監修
   三省堂新物理学小事典
   分担執筆(力学、流体力学)柴田他14名
   2009.6.20 三省堂 (ISBN978-4-385-24017-6)

1. Shibata S., 1991
   "Magnetosphere of the Rotation-Powered Pulsar: a DC Circuit Model"
   Astrophysical J. vol. 378 pp.239-254

2. Ohno H., Shibata S., 1993
   "The Random Magnetic Field in the Galaxy"
   Mon. Not. R astr. Soc. vol.262 pp.953-962

3.  Mestel L., Shibata S., 1994
    "The Axisymmetric Pulsar Magnetosphere: A New Model"
    Mon. Not. R astr. Soc.  vol.271 pp.621-638

4. Shibata, S., 1995, 
   "Origin of the Gamma-Ray Pulsars", 
   Mon. Not. R astr. Soc.  vol. 276, pp.537-548

5.  Shibata, S., Miyazaki, J., Takahara, F., 1998, 
    "On the Electric-Field Screening by Electron-Positron Pairs 
    in the Pulsar Magnetosphere", 
    Mon. Not. R astr. Soc.  Vol. 295, pp L53 

6. N Shibazaki, N Kawai, S. Shibata and T Kifune, 1998, 
   "Neutron Stars and Pulsars", 
   Universal Academy Press, 総ページ 564 

7. Hirotani K., Shibata S., 1999
   "One-dimensional Electric Field Structure of an Outer Gap Accelerator 
   --- I. $\gamma$-ray Production resulting from Curvature Radiation
   Mon. Not. R astr. Soc. vol.308 pp.54-66

8. Wada T., Shibata S., 2007
   "A Particle Simulation for the Global Pulsar Magnetosphere:
     the Pulsar Wind linked to the Outer Gaps"
   Mon. Not. R. astron. Soc. vol.376 pp.1460-1464

9. Nakamura Y., Shibata S., 2007
   "Polarization of the Crab Nebula with disordered magnetic components"
   Mon. Not. R. astron. Soc. vol.381 pp.1489-1498


【特許】月と星の早見盤(3723813号:2005.9.22)(発明者)
(特許権帰属先:社団法人日本天文学会、株式会社三省堂)

【将来展望】
宇宙電磁気学の研究で山形大学を日本の中心の一つにする。
「NPO法人小さな天文学者の会」を育成し、地域の科学教育・普及に努める。


しばたのホームページへ
山形大学宇宙物理グループのホームページへ
小さな天文学者の会のホームページへ